Loading...

プロフィール

028

  • 生年月日

    1978年4月14日

  • 血液型

    O型

  • 出身地

    愛知県

  • 出身校

    早稲田大学

  • 主な活動

    プロフリークライマー、スポーツクライミング解説者、スポーツクライミング講師、タレント指導者、講演講師、ユニバーサルクライミング開発者、愛知県田原市のふるさと観光大使

  • スポンサー

    adidas,コナミスポーツクラブ(50音順)

  • 出版物

    誰でもはじめられるボルダリング(成美堂出版)、チャレンジ!ホビー 壁に挑め!ボルダリング入門(NHK出版)、ボルダリングBasic(スキージャーナル)、The Cliff (マガジンハウス)

経歴
1978年4月14日生まれ。2000年からクライミングを始める。
幼少から毛利衛さんに憧れ、宇宙飛行士を目指して早稲田大学理工学部応用物理学科に入学。日本で一番宇宙に近いところに行きたいと富士山を登ったことをきっかけに、登山と宇宙飛行士に通じるものを感じ取り、山にものめり込んでいく。
大学在学時、より高難度の山に挑戦するためロッククライミングを始める。

クライミングジムで練習時、国体山岳競技に誘われたのを機に本格的に競技の世界へ足を踏み入れる。その後、命綱を使わないボルダリングに集中し、競技歴わずか3年でアジアのトップに上り詰める。
日本人女性初のプロフリークライマーとして、世界を転戦し数々の大会や高難度の岩に挑戦。女性ボルダリングの草分け的存在としてグレードを押し上げてきた。

2008年4月には、日本人女性初と難度V12を達成。
2012年10月に世界で女性初となる難度V14を達成。世界のトップと肩を並べる。

2012年に世界で最も活躍したクライマーに贈られるGolden Piton賞、2014年にGolden Climbing Shoes賞を両賞とも日本人史上3人目、日本女性初の受賞。

スポーツクライミング解説者、NHKのボルダリング講師を努め、「夢・挑戦の大切さ」や「クライミングから学ぶ危険回避の方法」を伝えるイベント・講演などで啓蒙活動を行う傍ら、ユニバーサルなクライミングを提唱し、実際登ることできない方でも紙の上や地面の上で行うより安全なユニバーサルクライミングを開発。より多くの方にスポーツクライミング、ボルダリングの魅力を伝える取り組みを積極的に行っている。

1男1女の2児の母であり、ママさんクライマーとして、今なおトレーニングにも励んでいる。

メッセージ

壁を乗り越え、次なる頂点へ登り続ける!

こんにちは。尾川とも子です。現在アラフォー・二児のママでありながら、なおトレーニングに励み、登り続けております。
スポーツクライミングが東京2020オリンピック競技会に正式種目として追加されたことで、多くの方に競技を知っていただけるようになりました。
かつて、世界大会やワールドカップ(ボルダリング)で日本人女性の選手は私しかおらず、まだ世の中に「ボルダリング」という言葉も浸透していなかった時代を過ごし、そんな壁を乗り越えるべく、このスポーツの魅力を何とか皆さんに知ってもらいたい!と無我夢中で走り続けてきました。
これからは、今まで培った経験を活かしクライミング・ボルダリングを通して、様様な方のお力添えになれるような活動、クライマー尾川とも子にしかできない活動をしていくことが夢です。どうぞ応援よろしくお願いします!!

成績
  • 2000年富山国体 準優勝
  • 2001年 JFAユース選手権 3位
  • 2002年 UIAAワールドカップイタリア 12位(日本人最高位)、UIAA International Event 19位
  • 2003年 ASIAN X-games 優勝、世界選手権フランス 18位(日本人最高位)
  • 2004年 UIAA world cup ITALY 11位、UIAA International Event 13位、IUAA world cup CHINA 10位(日本人最高位)
  • 2005年 全米大会SEND FEST Salt Lake 優勝(日本人女性初)
  • 2006年 ASIAN X-games 優勝
  • 2008年4月 日本人女性初となる難度V12「カランバ」を達成
  • 2012年10月 世界で女性初となる難度V14「カタルシス」を達成
  • 2012年Golden Piton賞 受賞(ボルダリング部門)
  • 2014年 Golden Climbing Shoes賞 受賞

トレーナー紹介

トレーナープロフィール
trainer01
シンクロセラピー施術院
院長 山下あかざ

幼少期に独自の呼吸術を編み出して以来数十年を経て、心身相互関係(ココロがカラダを創り、カラダがココロを創る)の真髄を極め、世界的にも極めて稀な、他者の身体に"同期"して施術を行う技法を会得。2003年にシンクロセラピー施術院を開業。

現在は来院するクライアントの病の緩和改善に取り組む傍ら、その技法によりクライアントの内に秘められた可能性を見抜くことができるため、自らの限界を越えたい・新たな可能性を切り拓きたいと考えるプロスポーツ選手・歌手・舞踊家のパーソナルトレーナー、経済界で活躍する経営者に対するパーソナルアドバイザーとしての活動も行っている。

信条は「ココロがカラダを創り、カラダがココロを創る」。

施術の要となる呼吸のコントロールは言語を必要としないため、施術の対象は新生児・外国人から犬猫にも及ぶ。

出会い

山下先生には、2012年からカラダとココロのメンテナンス、ケアやトレーニングをトータルで担当していただいています。
私がカタルシスV14の挑戦中、舌の白板症になったのをきっかけに病気の治療法を探して施術院の門を叩いたのが始まりです。

私がその時、 山下先生から学んだことは、

「容器(姿勢)が正しくなければ、中身(臓器)が歪み(炎症)続けて腐る(病)」

「ココロがカラダを創る、カラダがココロを創る。」

ということです。

病気の完治とともに、姿勢の大切さやココロとカラダの大切さを学んだことは、
ボルダリングのトレーニングにも生かされることとなりました。
姿勢を改善し正すことで、自分の筋肉と骨をきちん連動させて最大限のエネルギーを発揮できること。
姿勢をよくすれば「正しく息を吐いて吸う。」ことができ、より身体が動かしやすくなること。
また、カラダだけでがむしゃらに登っていたトレーニングを、カラダとココロで登ることにより、これまでにないパフォーマンスを習得でき、私のカタルシスV14のチャレンジも成功することとなりました。
そのパフォーマンスは、世界で最も活躍したクライマーに贈られるGolden Piton賞、Golden Climbing Shoes賞という形で評価をいただくことができました。

「鍛えるのと、無駄使いは違う。」

ということを、学ぶことにもなりました。
さらなる限界を超えるために、現在も山下先生のもとでトレーニングやケアを続け、その教えは講演や講習といった仕事にも生かされています。